広島市のゴミ分別。コルクマットは何ゴミになるのか。

広島市でコルクマットを使っている方が多いようなので、広島市ではコルクマットは何ゴミになるのか調べてみました。

広島市に住んでいる方で
「コルクマットって何ごみになるの? 捨て方は?」
のようにコルクマットのゴミ分別や廃棄方法が知りたい方はぜひ読んでみてください。

広島市でコルクマットは何ゴミになる?

広島市でコルクマットは、一辺が30cm未満であれば「可燃ゴミ(燃えるゴミ)」30cm以上であれば「大型ゴミ(粗大ゴミ)」です。ですが、一辺が30cm以上でもカットして30cm未満にすれば「可燃ゴミ(燃えるゴミ)」で捨てることができます。

広島市の大型ゴミの基準の1つが「最長の辺の長さ、または最大径が30cm以上のもの」だからです。

コルクマットは一辺が30cm以上のものがほとんどですよね? 私は床に敷くコルクマットで30cm未満のものを見たことがありません……。
ですので広島市でコルクマットをそのままの状態で捨てようとすると、ほぼ大型ゴミー!!

大型ゴミで処分するとお金がかかるので、お金を節約したい方はカットして可燃ごみで捨てましょう。コルクマットはハサミで簡単に切れるので助かります。

「けっこうな量のコルクマットがあるから全部切るなんて面倒!」という方もいるでしょう。お金よりも時間や労力を節約したいなら、大型ゴミでさっと持っていってもらうに越したことはありません。

まとめ

広島市に住んでいる方がコルクマットを捨てる場合、一辺が30cm未満なら「可燃ゴミ(燃えるゴミ)」、30cm以上なら「大型ゴミ(粗大ゴミ)」になります。30cm以上あっても、ハサミで切って一辺が30cm未満になれば「可燃ゴミ(燃えるゴミ)」で捨てられます。

以前「コルクマットは何ゴミに分別?私の捨て方・廃棄方法!」にも書きましたが、コルクマットは「可燃ゴミ(燃えるゴミ)」か「大型ゴミ(粗大ゴミ)」です。
どっちになるかは自治体の大型ゴミになる基準によって決まります。

今回ご紹介したのは広島市のコルクマットの捨て方なので、広島市民でない方はまずはお住まいの大型ゴミの基準を調べてみてくださいね。