コルクマットを部分的に敷くメリットとポイント、おすすめのコルクマットを紹介。

コルクマットを部分的に敷こうかな、とお考えのあなた! 

ここでは、赤ちゃんや子供のためにコルクマットを部分的に敷いて使ってきた私が、「コルクマットを部分的に敷く3つのメリット」「コルクマットを部分的に敷く際のポイント」「おすすめのコルクマット」をご紹介します。

コルクマットを部分的に敷く3つのメリット

コルクマットを部分的に敷くメリット

それでは、コルクマットを部屋全体ではなく部分的に敷く際の3つのメリットからです。

コルクマット下や裏の掃除が簡単

コルクマットを部分的に敷く1つ目のメリットは、コルクマット下や裏の掃除が簡単にできる、です。

コルクマットをずっと敷いているとコルクマットの下にもゴミやコルク屑がたまり、コルクマットの裏側にも小さなゴミがくっつくので掃除が必要です。

掃除の際、部屋全体に敷いていると大量のコルクマットを外したり、家具などを移動させてコルクマットを外すのは大変です。しかし、家具の下には敷かず必要な場所だけ部分的に敷いていると、コルクマットを外す枚数も少なく、簡単に外して掃除ができます。

ちなみに3ヶ月に1回、少なくても半年に1回は、定期的にコルクマットをはがしての掃除をおすすめします。
私の場合、コルクマットを少しめくってみてけっこうゴミがあったら、はがして掃除しています。3ヶ月に1回はしていますね。2ヶ月くらいでするときもありますよ。

家具が不安定にならない

コルクマットを部分的に敷く2つ目のメリットは、家具が不安定にならない、です。

コルクマットを部屋全体に敷いていると、ポールハンガーやスタンドライトなどの細長い家具は特に、倒れやすくなります。コルクマットの厚さがあればあるほど不安定になります。

家具の下を避けて部分的にコルクマットを敷けば、家具は不安定になりません。

コルクマットが凹まない

コルクマットを部分的に敷く3つ目のメリットは、コルクマットが凹まない、です。

コルクマットを部屋全体、そして重い家具の下にも敷くと、コルクマットが凹んで跡が付いてしまいます。
コルクマットに凹みの跡ができると戻らないので、模様替えなどで家具を移動させた場合、その跡が残ってしまいます。

先ほどと同じで家具の下は避けて部分的にコルクマットを敷けば、そのような心配はいりません。

コルクマットを部分的に敷く際の3つのポイント

コルクマットを部分的に敷くポイント

コルクマットを部分的に敷く際に、知っておいた方がいい3つのポイントがあります。

適切なサイズを選ぶ

1つ目のポイントは、適切なサイズを選ぶ、です。

コルクマットの1枚の大きさは大体、30cm×30cm、45cm×45cm、60cm×60cmの3種類があります。

部分的に敷く、とは言ってもけっこう広い範囲で敷くのなら、45cm×45cmか60cm×60cmの大判サイズがおすすめです。なぜって、大きければ大きいほど枚数が少なくなるので早く敷けて簡単、外して掃除するのも楽だからです。

コルクマット愛用者の私からすると、30cm×30cmは小さ過ぎておすすめできません。よっぽど狭い範囲、例えば0.5畳くらいに敷くのなら30cmサイズでもいいと思います。

私は45cmサイズを12〜15枚くらい部分的に敷いて、子供のプレイマットにしています。模様替えに合わせて形や枚数を変えていますよ。

迷われる方は敷く範囲を実際に測ってみると、決めやすくなります。

家具やおもちゃ箱の下には敷かない

2つ目のポイントは、家具やおもちゃ箱の下には敷かない、です。

何度も書きましたが、コルクマットは必要な部分にだけ敷くのがおすすめです。普段歩いたり座ったりしない場所には敷かない方が、外して掃除する際に楽! というメリットがあります。

コレは、実際にコルクマットを愛用していて定期的に掃除もしている私の意見なので、間違いありません。コルクマットをはがして掃除ってけっこう面倒なので、枚数が少なければ少ないほど助かるんです。

そして家具の下にコルクマットを敷かないことで、家具が不安定にならずに済みます。

端が合わないときは思いきってカット

3つ目のポイントは、端が合わないときは思いきってカット、です。

敷いていくと、端やコーナーの部分がピッタリと合わないのはよくあることです。
隙間ができても気にならない場合は問題ないですが、きっちり敷きたかったり見栄えが気になる場合は、コルクマットを加えて部屋の形に合わせてカットするといいです。

カットするのに抵抗がある人もいるかもしれませんが、コルクマットはカッターナイフで簡単にカットできます。カットしてピッタリときれいに敷けますよ。
さらに赤ちゃんやお年寄りの安全性のためにコルクマットを敷くのであれば、カットしてピッタリと敷くことでその安全性も高まります。

おすすめのコルクマット

コルクマットを部分的に敷く場合のおすすめ

それではここからは、私のおすすめのコルクマットのご紹介です。

45cmサイズの小粒と大粒、60cmサイズの大粒のコルクマットを紹介しています。
60cmサイズの小粒のコルクマットは、ホルムアルデヒドについてきちんと記載されているものを見つけられなかったので、紹介していません。

ちなみに45cm×45cm×1.1cm 小粒の「やさしいコルクマット」は、私も小さな子供のために愛用しているコルクマットです。

この3つの中で気にいるコルクマットがなかった場合は、「コルクマット大判を買うならコレ!」を参考にされてみてください。目的別におすすめのコルクマットを紹介しています。

45cm×45cm×1.1cm 小粒

私も実際に子供のために愛用している「やさしいコルクマット」です。
ノンホルムアルデヒドなど赤ちゃんにも安全な製品であることはもちろん、小粒の落ち着いた雰囲気はどんなお部屋にも自然になじみます。

45cm×45cm×0.8cm 大粒

タンスのゲンの「わんぱくラージサイズコルクマット」です。
品質も良く大人気のわんぱくシリーズのコルクマット、他店でも販売されているのを見かけますが、私がタンスのゲンさんをおすすめするのは2つの理由があります。

理由1:お客様のレビューを集計し、「世界の子供たちにワクチンを寄付する活動」「植林活動」といった慈善活動につなげているから。
理由2:他店よりも安い、または同価格だから。

初めてタンスのゲンさんから商品を購入した時に慈善活動のことを知って感動しました。もちろんレビューをしっかりとさせていただきましたよ。

60cm×60cm×0.8cm 大粒


サイドパーツ付き 超大判コルクマット 32枚セット(約6畳分)約60×60cm

60cmサイズなら、こちらの超大判コルクマット! 
一貫した製品を提供している証のISO9001認証を持つ、こちらも安心して使えるコルクマットです。かつお値段もお手頃なのでおすすめですよ。

他のコルクマットも参考にしたい! という方は「コルクマット大判を買うならコレ!」も見てみてくださいね。