コルクマットはホルムアルデヒド不使用のものがおすすめ。

コルクマットを購入されるなら、ホルムアルデヒド 不使用のものがおすすめです。
ここでは、赤ちゃんにとっては特に有害なホルムアルデヒドについてと、おすすめのホルムアルデヒド不使用のコルクマットについて書いています。

ホルムアルデヒドとは

ホルムアルデヒドって聞いたことあるけどよくわからないという方や、体に良くないということは知っているけど詳しくは知らないという方のために、まずはホルムアルデヒドの性質や、人体や赤ちゃんへの影響、対策についてです。

性質

ホルムアルデヒドは、毒物および劇物取締法によって医薬用外劇物に指定されている有害な化学物質です。無色で刺激臭があり、常温では気体で、空気とほぼ同じくらいの重さがあります。

水に溶けやすく、ホルムアルデヒドが37%溶けた水溶液はホルマリンと呼ばれる液体です。ホルマリンも同じく無色で刺激臭があり、生体に害を及ぼします。

用途

ホルムアルデヒドは建築材料や家具の接着剤、塗料などに使用されています。例えば合板や壁紙の接着剤に含まれ、安価のため建築材料に広く活用されているようです。
また、防しわや防縮の目的のために繊維製品にも使用されています。

水溶液のホルマリンは、消毒薬や防腐剤など殺菌に使われています。

人体への影響

ホルムアルデヒドは人体に対して毒性が強く、目、鼻、喉などを刺激し、炎症を引き起こします。

建築材料や家具から空気中に放散されることがあり、ホルムアルデヒドを長年吸い続けると結膜炎や咽頭炎(いんとうえん)、アトピー性皮膚炎などを繰り返すことがあります。濃度が強ければ呼吸困難になる可能性も出てきます。ホルムアルデヒドは、いわゆるシックハウス症候群の原因の1つです。

WHOの下部機関である国際がん研究機関は、ホルムアルデヒドを含んだ気体を長期間吸った場合は発がん性があると警告もしています。ホルムアルデヒドは、ヒ素やアルコール飲料、タバコなどとともに発がん性リスクが一番高い、グループ1に指定されているのです。

赤ちゃんへの影響

赤ちゃんは皮膚の厚みにしても大人の半分以下なので、ホルムアルデヒドの刺激も大人より強く受け、危険性も高くなります。

市民の健康や自然環境の保護を目的とし、大気汚染や水質汚染などを管理しているアメリカ環境保護庁は、2010年にホルムアルデヒドの発がん発症率を発表しました。そして年齢による発がん発症率の違いを、「成人と比較して2歳未満の乳児に対しては10倍、16歳未満の若年層には3倍のリスクがある」と結論付けています。

また、ホルムアルデヒドの濃度が高いと小児ぜんそくの発症率も高くなると指摘されています。

対策

ホルムアルデヒドは2015年、建築基準法によって建築材料への使用制限が定められました。WHOや厚生労働省は、居室内のホルムアルデヒドの気中濃度基準を0.08ppmに定めています。ppmは濃度を表す単位で、1ppmは0.0001%です。

また家庭用品においても、有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律で規制されており、ホルムアルデヒドの試験方法と基準値も設けられています。これには乳幼児基準も定められています。

しかし全ての建材や家具、家庭用品が基準通りに作られているかというのも、明確に記されていない場合は安心できない、という方も多いのではないでしょうか。小さい赤ちゃん、子供のおられるご家庭では特に心配されると思います。

実際に抜き打ち検査をされ、販売している乳幼児製品から基準値を超えるホルムアルデヒドが検出されたため、会社が自主回収をおこなった、という例も珍しくありません。
対策としては、

*室内の適度の換気をする
*ノンホルムアルデヒド、または低ホルムアルデヒドが証明されている商品を買う
*赤ちゃんの衣類、身に着けるものは1度洗濯してから使う

をおすすめします。

敏感で繊細な赤ちゃんに使用するものは、特に気をつけてあげたいですね。

おすすめのホルムアルデヒド不使用のコルクマット

以上が理由で、コルクマットもホルムアルデヒド不使用のものをおすすめします。
ホルムアルデヒド検出試験をクリアしているコルクマットには、「ホルムアルデヒド不検出」「ノンホルムアルデヒド」「低ホルムアルデヒド」などの記載があるはずです。

わたしが自分の子供に使用している(子供が0歳時から使用)「やさしいコルクマット」は、ホルムアルデヒド検出試験をクリアしているので、赤ちゃんや子供がいるご家庭にもおすすめです。

やさしいコルクマットは、生後24か月以内の乳幼児基準値である0.05ppmを大きく下まわる、0.01ppm未満のノンホルムアルデヒド商品です。また、スイスに本社のあるSGSという世界最大級の検査・審査機関の基準もクリアしています。

そのため、赤ちゃんにとって無害で安全なコルクマットです。

まとめ

ホルムアルデヒドは無色で刺激臭のある有害の化学物質で、建築材料や家具の接着剤、塗料、繊維製品、消毒薬や防腐剤などに使用されている。

ホルムアルデヒドはシックハウス症候群の原因の1つで、人体の目、鼻、喉や皮膚などに炎症を引き起こす。発がん性のリスクも認められている。

ホルムアルデヒドの赤ちゃんや若年に対するリスクは大人よりも高く、発がん発症率は、成人と比べて2歳未満に対しては10倍、16歳未満には3倍の危険性がある。
ホルムアルデヒドの濃度に比例して小児ぜんそくの発症率も高くなる。

対策としては、室内の換気やノンホルムアルデヒド商品の購入を心がけることが大事。

赤ちゃんマット用にコルクマットを購入するなら、ホルムアルデヒド不使用のコルクマットがおすすめ。

赤ちゃんには特に有害なホルムアルデヒド、私たちの選択や心がけでその悪影響を減らすことができます。赤ちゃんへのコルクマット選びもその1つ、そのお手伝いができていたら幸いです。

「やさしいコルクマット」は、ラージサイズ(45cm×45cm・厚さ11mm)とレギュラーサイズ(30cm×30cm・厚さ8mm)が販売されています。
お座りもままならない赤ちゃんが後ろに倒れて頭を打ったり、よちよち歩きで転んだり……と心配ですよね。クッション性も重視するなら厚手のラージサイズがおすすめですよ。